2021年10月20日(水)
Breaking News

転職を見越して選ぶ介護業界の仕事先

キャリアアップ志向を持って介護業界で働くときには、資格を取得して他の人にはできない仕事に従事していくことが重要です。
管理職になる人は、介護福祉士などの資格を持っていることが多く、昇進をして高年収で働けるようになるのは、資格を取得することが欠かせません。
しかし、資格を取得するには、勤務年数が必要になり、独学や通信教育、専門学校への通学などを通して勉強することも必要になります。
介護職で仕事をしながら気軽に取得できる資格は限られているため、その中に自分がキャリアとしていきたいものがない場合には、工夫をしなければなりません。
仕事先を選ぶときに、資格の取得について支援を受けられることを条件にするのがコツです。
最初の職場で働きながら資格を取得し、転職をして高待遇で働ける職場を選んで昇進していくという考え方を持つと、成功する可能性が高くなります。
特に重要なのは、十分に勉強に時間を費やせる仕事先を選ぶことです。
勉強して資格を取得するのを支援できる程度に余力がある形で現場が運営されていなければなりません。
比較的大手の介護施設に多い傾向であり、資格の取得によって手当が増える場合もあります。
その魅力に着目して、同じ職場で働き続けてしまいがちですが、転職した方が有資格者は高い待遇を獲得することが可能となる場合もあります。
最初は、学びながら働ける職場を選んで、飛躍的に人材としての価値を高められる環境に身を置き、転職してキャリアアップを行っていくのが賢いキャリアパスになります。